odayakalife

日々の出来事を書き出し、思い出せるようにします

2021-03-08

昨日は名古屋まで友人数人とドライブに行った。ひつまぶしと味噌カツに惜しげもなく金を使い、豪勢な食事になった。もしかして旅行先でお金使うのってキモチいいもかもしれない

 

寝て起きてからは溜めたアニメを見る。それが昼過ぎまでの話で、そこから今これを書いてる深夜までずっとipadの前でモニョモニョしていた。春休みはずっとそうだが、本当に絵が描けない、、

描けないって思いこんだり文字にすると本当にそうなってしまう気がして避けていたが、ここ数ヶ月ずっとこうなので今までになくドツボにハマっている

 

つまらないというより、楽しい瞬間が来ないという感じ。参考書とか見つつペンを動かすことはするんだけど、時間を忘れて夢中になるような、あれこれ試したいという欲求が全く湧いてこない

自分の絵を見て、冷静に「これを描いてて何が楽しいんだろう、、、」と俯瞰する自分がいる

 

 

問題の切り分けをする、とか模写して楽しい感覚を取り戻すとかペンを長めに持つとか引き気味で描くとか図形化して考えるとか、色々試してはいるけどあまり効果がない

絵を描くことに対する心理的なハードルが高くなってしまってることが本当にまずいと思う

 

理想的には、前提としてお絵描き自体が楽しいことであるという認識を持っていて、絵をかける時間が作れたら嬉しい、描いている最中も楽しくてもっと続けたいと思える、時間を忘れて楽しめる、そして完成した作品を眺めて達成感に浸る、客観的な評価を受けて楽しむまでがセットの娯楽であって欲しい

というよりそうだったのに今はそれができなくなってる。楽しかった感覚は覚えてるのにそれができないもどかしさがずっとある